増額申込みを活用して限度額を上げる

キャッシングには限度額というものがあり、この限度額までしか借り入れが出来ない仕組みになっています。限度額は消費者金融会社が審査を行う時に決めており、申込者の過去のキャッシングの利用状況や年収によって決めます。貸金業法では総量規制という仕組みが導入されており、消費者金融会社はこれを導入する義務があります。利用者の年収の3分の1までしか総限度額を割り当てる事が出来ないというものであり、キャッシングを利用する際には限度額がどうしても低くなってしまうケースがあります。

そこで現在までに十分な利用実績があり、返済が滞りなく行われているのであれば、増額申込みをしてみましょう。増額申込みをすれば、消費者金融会社で審査が行われ、その審査を通過すれば、限度額の上限を引き上げてくれるのです。