カードローンを利用する際は限度額をきちんと設定してから利用しましょう

海外旅行やお値段が高いブランド品を買う際に、カードローンを利用する方は少なくないのではないでしょうか。実は、私もその1人です。社会人になって、そこそこ良いお給料を貰うようになってから、買い物や外食をする機会が増えました。しかし、そこに大学時代の仲間と飲み会をしたり、長期休暇の際に旅行に行ったりする時などはボーナスが出る時までカードを使うことでお金を工面することが度々重なるようになりました。

そして、これは今でも時々思い出しては反省している欠点なのですが、当時カードカードローンについてあまり調べていなかった私は、限度額をギリギリまで上げて買い物をしてしまっていたのです。買い物やちょっと豪華な食事をしている最中はテンションが上がってしまい、深く考えずに散財していました。

そして翌月の請求書が来て、その額に驚愕しました。返済額は私の月給では足らなかったので、それまで貯めていたボーナスでやりくりをして何とか返済しました。この時学んだことは、カード払いはこれからも使う機会があるだろうから、限度額を慎重に決めて使うことと、目に見える形で現金も所持しておいて、カードと現金の両方でお金を使って行こうと決めました。

このように、カード払いをする際には限度額を決めておくことが非常に大切になってくるので、これからカードを作って利用しようと思う方は、月々のお給料やボーナス、冠婚葬祭などの急な出費のことも考慮して、上手く使いこなすのが良いと思います。