銀行ローンのメリット・デメリット

銀行ローンのメリットの1つは利息が安いことです。一般的に消費者金融のカードローンですと上限金利が18.0%と定められているところが多いですが、銀行ローンですと10~15%あたりに設定されているところも多く、安くお得に融資を受けることができます。また銀行ローンですと借り入れできる限度額が多くなっています。

そしてあまり知られていない便利な機能として、口座引落の際の残高不足による未払いが自動的になくすことができます。残高が不足して引き落としできない場合は差額分を銀行ローンから自動で支払ってくれるようになるので、払い忘れなどもなくなり安心です。

逆にデメリットとしては、やはり審査が消費者金融よりは厳しく、時間もかかります。またその銀行の口座を開設する必要があることも多く、手間と時間がかかることです。