希望限度額を高くしすぎるとキャッシングの審査に通れなくなります

キャッシングの契約を申し込む時に、様々な項目を記入していきますが、ある意味一番注意するべき点が希望限度額です。

他の項目は嘘をつかずに事実を記入していけばいいだけですが、希望限度額は決まった数字がなく、審査の通りやすさと審査時間も左右します。

もしもの時のためにできるだけ高く借りられるようにしたいと考え、総量規制に引っかからない年収の1/3ギリギリを申し込む人も稀にいますが、そうすると審査を通る確率は非常に低くなります。

キャッシング会社から見て初めてキャッシングをする人は、毎月欠かさずに返済してくれるかがわかりません。

なのでその時点でいっぱい貸してほしいと申込んでも、返済してくれない可能性を考えて限度額を低くしたり、他の要素が審査の基準を満たしていても落とすこともあります。

初めての申込みで現実的に通る可能性がある限度額は、10万~50万が目安です。

ですが50万であってもキャッシング会社は慎重になり、丁寧に情報を調べて審査は厳しくなるので、審査時間は長く落ちる可能性も高くなります。

もしもの時のためにキャッシング会社から大きく借りられるようにしておきたい、と言う人でも、契約申込時の限度額は今必要な金額だけにして、しっかりと毎月返済して返済実績を作り、キャッシング会社の信用を得てから限度額の増額を申し込むのがセオリーです。